WiMAXのキャッシュバックが簡単なプロバイダの選び方

WiMAXのキャッシュバックが簡単なプロバイダの選び方

キャッシュバックが難しい

WiMAXのキャンペーンを探していると高額なキャッシュバックを用意しているプロバイダが多数あります。しかし、キャッシュバックの受け取り条件をよく確認してみるとキャッシュバックの受け取り方が難しいプロバイダが多いです。

「キャッシュバックが高額なプロバイダは嬉しいけど、受け取りが難しいプロバイダは嫌だ。」

受け取れるかどうか分からないキャッシュバックよりもより確実に受け取れるキャンペーンをお探しなら参考にどうぞ

キャッシュバックが簡単なプロバイダランキング

キャッシュバックが簡単なプロバイダをサクッと一覧にしました。重要なのはキャッシュバック額と、受け取り方法、いつ受け取れるのか、の3点をまとめています。

まず第1位はなんといってもnifty wimaxです。非常に簡単に受け取ることができます。わざわざキャッシュバック通知のメールなんて待つ費用もありません。

第2位はbiglobe wimaxですね。こちらも受け取り方法は簡単でwebキャンペーンになっているので契約後にwebサイトのMyページでアンケートに答えるだけ。スマホからでも簡単に答えられるため、こちらもキャッシュバックの貰い忘れをすることはほとんど無いはずです。

第3位はUQコミュニケーションズです。ここを3位にした理由はキャッシュバックが現金ではなく、商品券だから。もう一つ理由があって、商品券の額も非常に安いから。料金を安くしたいと思うならUQコミュニケーションズは選ぶ理由がないはず。

ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電気のWiMAXキャンペーンは料金のメリットが少ない

上位3社を紹介しましたが、ここまで紹介したのはすべてWebキャンペーンでしか申し込むことができません。実店舗で申し込みができる家電量販店のWiMAXキャンペーンも「〇〇万円もお得!!」なんてやってるけどどうなの?と感じている方もいるかもしれないので説明しておきます。

そもそも家電量販店のキャンペーンはそれほど高額なキャッシュバックが付いていません。ポイントを5,000円程度分つけてくれる程度じゃないでしょうか。

もしくはパソコンを同時購入で、パソコンの値段を大幅値引き!などのキャンペーンをやっていると思います。前者のキャンペーンはWebキャンペーンのキャッシュバック額と比べると4分の1程度のポイントバックですし、後者を選ぶ方はさらに注意が必要で、たしかに購入時のパソコンの額は安くなりますが、WiMAX2+の月額料金が1,547円プラスされるプランに強制加入させられます。2年間で37,128円です。パソコンの値引き分がそのままWiMAX2+の月額料金に乗っかる形になっています。

店舗での契約はこうした料金の問題に気づきずらいので注意が必要です。どうしても対面で申し込みがしたい方、もしくはいますぐ利用したい方以外にはオススメできません。

キャッシュバックで気をつけたい4つのポイント

1つめは端末によってキャッシュバックの金額が変わる点。最新端末でも人気の端末のほうがキャッシュバックが少ない傾向にあります。2つ目は振込時期でいつキャッシュバックが貰えるのかを確認しておく必要があります。3つ目はキャッシュバックの手続内容について。これは各社プロバイダーによって違いありますから、どのような手順を踏む必要があるのかを確認しておきましょう。もちろん、キャッシュバックの受け取り忘れを避けるためには手順が少なければ少ないほどいいでしょう。

ですからキャッシュバックの受け取りが簡単なプロバイダにするならbiglobe wimaxがおすすめです。もしくは高額なキャッシュバックが受け取りたいならgmoとくとくbbでいいんでしょうけどね。