イメージ画像

WiMAXの更新月が近づいてきたら要注意
契約内容をよく確認しないと大損ですよ!!

wimax2+は2年契約を更新してもいいのかどうか

WiMAX2+の契約は基本的に2年縛りのプランになっています。2年換算の方法がプロバイダーによって違うので、各プロバイダーで更新月が異なることもあるので、必ず確認するようにしましょう。

更新月になると、解約するのか、契約を更新するのかを自分で選択しないといけません。では、契約は更新するべきなのか、それとも解約して新しいキャンペーンに申込むのがいいのかを比較してみました。

契約を更新するとどうなる

契約の更新手続きは特になにも必要ありません。こちらが何もアクションを起こさなければ、契約は自動的に延長されます。

契約が更新されると、更新月の翌月から再び2年契約がスタートします。更新後の縛り期間中に契約を解約すると違約金が発生します。

更新後の料金は通常キャンペーン期間が終了するために若干値上がりすることになります。UQコミュニケーションズのキャンペーンをもとに比較してみましょう。

WiMAXの契約をするなら、月の通信量の制限がない(3日3GB制限はある)ギガ放題プランを申し込むのが一般的です。月7GBしか使えない契約だとWiMAXを契約する意味がほとんどないからです。

ギガ放題の料金は契約から2年間はキャンペーン料金が適用されるために月額4,380円で利用することが出来ます。2年間の契約を終えて解約しなかった場合には、契約がさらに2年間延長されます。この延長された期間はキャンペーン価格が適用されません。通常価格で延長されるのですが、料金は月4,880円です。契約を延長すると、毎月500円多く料金を支払わなければいけません。24ヶ月で12,000円もキャンペーン時に比べて高くなってしまいます。

ですから、更新月を忘れていなければ、更新月に現在契約しているWiMAX2+は解約して、新しいキャンペーンに申し込むのが得策です。

さらに契約を更新することによって重要なキャンペーンをもらいそこねます。そう。キャッシュバックです。

キャッシュバックを通信料金の支払いに充てることで、実質月額2,000円強で利用できます。ところが契約を更新してしまうとキャッシュバックなどの特典がないために、月の料金4,880円まるまる支払う必要があります。いくらなんでもこれは高い。

ということで、WiMAXの料金の支払いをわざわざ高額にしたくないのであれば、更新月に現在の契約を解約して、新しいキャンペーンに申し込むのが得策です!!損しないで利用しましょう!!

biglobe wimaxのキャンペーン情報についてはこちら

更新しないほうがお得なのはわかった。で、手続きはどうするの?

まずは現在の契約の解約手続きをすすめる必要があります。というのも、解約するタイミングによって当月扱いになるか、次月扱いになるのかが変わってしまうことがあるからです。

解約前には解約の方法も確認しておくようにしてください。

解約をすすめると同時並行で新規の申し込みもすすめます。解約後の翌月の契約にしてしまうと、新契約の端末が届くまでwimaxが使えなくなってしまいます。

wimaxプロバイダーのキャンペーンを利用するとたいていは初月無料の特典がついてくるので、解約と同時進行で新規契約をしても2重に料金が発生しません。

WiMAXの環境を継続して利用するなら、解約と申し込みを同時行うことをオススメします。

このページの先頭へ